Airspy SDR

Airspy HF+ SDR Receiver Neu

Airspy R2の開発メーカーが、ITead Studio 社や先進的半導体メーカーとの協力のもと、新しいSDRレシーバー、Airspy HF+を発表しました。

Airspy HF+

Airspy HF+は9KHzから31MHz、および60MHzから260MHzまでの受信が可能です。この新しいSDRレシーバーはゼロlF方式を採用しており、受信信号をベースバンドにミックスダウンします。これにより、従来型の受信機で発生する多くの問題を回避していますが、新たな課題も浮かび上がりました。Airspy HF+は帯域固定あるいは帯域可変型のバンドフィルタと3つのチューナーを用いることにより、この問題を解決しました。使用するミキサは”harmonic rejection mixer”(高周波除去ミキサ)として設計されており、非常に良好な直線性と純度の高いベースバンドIFを得ています。クリーンなIF信号のためにノイズに埋もれがちな弱い信号も受信でき、高感度を得ています。ベースバンドIFの処理には高性能な ADコンバータ2個が用いられ、後段のデジメーション処理を行います。これにより約108dBcの減衰量を持つアンチエイリアスフィルタと、ビット長18Bitの解像度が得られています。この信号は最終的には16Bitにスケーリングされ、USB2インタフェースに送り込まれます。

このような高感度、高ダイナミックレンジの受信機には高精度の AGC が必要となりますが、Airspy HF+の内蔵コントローラが受信部各段の増幅度を巧みに制御しています。理論上のダイナミックレンジは113dB、実際には110dBで(いずれもHF帯)、このサイズ・価格の受信機としては、驚異的な値です。この良好な直線性や高ダイナミックレンジからもたらされるものは、クリーンな受信信号と簡素な操作です。手動でのゲイン調整は不要です。アッテネー夕、プリアンプ、バンドフィルタも不要です。

良好なRF特性に加えて、特筆すべきAF帯域でのノイズリダクションも実現しました。信号の了解度を損ねることなく、ノイズを大幅に除去することができました。下のサンプル信号をお聞きください。

Airspy HF+の他の特徴はフリーソフトの”SpyServer”です。これにより、リモートサーバ機能を簡単に立ち上げることができます。安価なRaspberry PiなどにAirspy HF+を接続することによって実現できます。ネットを通じて複数のリスナーが同時にアクセスすることができます。Webベースの他の製品とは違ってIQ 信号を一般的なSDRソフトで処理して受信することも可能です(要プラグイン)。

Airspy HF+テクニカルデータ
HF 0.009 – 31 MHz
VHF 60 – 260 MHz
MDS @500 Hz, 0–31 MHz -140 dBm
MDS @500 Hz, 60–108 MHz -141.5 dBm
MDS @500 Hz, 118–136 MHz -142.5 dBm
MDS @500 Hz, 136–174 MHz -140.5 dBm
MDS @500 Hz, > 175 MHz -140 dBm
IIP3 0–31 MHz +15 dBm
IIP3 60–260 MHz +13 dBm
BDR 0–31 MHz 110 dB
BDR 60–260 MHz 95 dB
ウォータフォール/スペクトラム帯域幅 48, 96, 192, 384 & 768 kHz (max. 660 kHz alias-free)
発振器精度 0.5 ppm
アンテナコネクタ 2x SMA (HF, VHF)
インピーダンス 50 Ω
使用温度 -45 – +85°C

The manufacturer has announced the availability for the beginning to mid-December. We already accept orders and execute them in the order in which they are received as soon as we receive the first delivery. So for the first buyers the Christmas present should be done :)

Order No.
AIRSPY-HFPLU Airspy HF+ SDR 259.00 € Buy now New Not in stock, back on: 14. Dez. 2017
送料について

ソフトウェア

Airpy HF+は種々のOS上でのソフトウェアで動作します。SDRと同じメーカー製であるSDR#が最適です。

  • SDR# (Windows)
  • SDR-Console (Windows)
  • GQRX (Linux, MacOS)
  • All programs which can use an ExtIO.dll library (HDSDR, Studio1, Elad FDM-SW2 and others)

Airspy HF+に最適なExtIO.dllのソースコードのライブラリです。 コンパイルイメージも提供されていますが、十分テストされていませんのでご注意ください。With wider proliferation of the Airspy HF+ SDR this DLL will become more stable, or other versions will become available.

Github上のairspy用ライブラリです。LinuxやMac OS用のライブラリがあります。

Airspy HF+ — オンラインでお試しください

リモートサーバーのセットアップは簡単です。ご利用可能なオンラインサーバーです。無料でお試しいただけます。 お使いのPCにinstall the SDR#のインストールが必要です。ローカルデバイスの代わりにリモートサーバーのアドレスを入力してください。

Airspy用アンテナ

Bonito Megaloop FX ループアンテナ

BonitoのMegaloop FXは長中波から短波、そしてVHF帯までをカバーするアクティブ受信アンテナです。低雑音で小型のアンテナです。

Megaloop FXは5m長のワイヤを用います。屋内の窓際や屋外の樹木なども利用できます。アンプボックスへの給電は同軸ケーブル(付属しません)に重畳して行います。そのためのバイアスTが付属します。

高い増幅度にもかかわらず(3段階で切り替え可能)、Megalopp FXは他のアクティブアンテナに比べて低ノイズです。このアンテナは9KHzから180MHzまで動作します。IP3は+40dBmと大変高く、結果として広いダイナミックレンジを誇ります。また、VHF帯のFM放送除去用トラップフィルタを内蔵し、ON/OFFを内部ジャンパで切り替えることができます。

Megaloop FXは小型でUSBバスパワーで動作するため、屋外での使用にも最適です。アンテナワイヤを吸盤などを窓際に張ったり、木の枝などを利用して架設することもできます。なお、お客様の使用環境が様々であることを考慮し、本製品に同軸ケーブルは付属しておりません。別途、お求めください。

パッケージサイズは20 x 20 x 5cm、重量は480gです。コネクタはアンプボックス、バイアスTともBNCです。5Vから15Vで動作し、USBも使用可能です。消費電流は最大40mAです。

Order No.
ML-FX Bonito Megaloop-FX アクティブ受信アンテナ 5mワイヤ付き 399.00 € Buy now In stock, shipped in 1 or two days.
18067.MH マストマウント 16.00 € Buy now In stock, shipped in 1 or two days.
送料について