RFspace社製Cloud-IQ - SDR

Cloud-IQ SDR レシーバー 56MHzまで受信可能

Cloud-IQはLANインタフェースを有する9 kHz~56MHzまでのSDRレシーバーです。メーカーのRFspace社は良く知られた企業ですが、これまでの経験が活かされています。

本製品は大きくわけて2つの動作モードを備えています。

  • "ローカルモード"では、LANもしくは、PCに直接接続され、高速処理による広帯域・高ダイナミックレンジでの受信が楽しめます。
  • "クラウドモード"では、本製品は比較的低速なネットワーク経由で、帯域幅が狭くなりますが、高ダイナミックレンジ・高感度を保ったままリモート操作が可能になります。受信環境の良好な場所でのリモートオペレーションが可能になります。本製品自身がサーバ機能を有し、復調と送受信データ低減を行なうため、リモートPCは必要ありません。
RFspace Cloud-IQ

Cloud-IQは最先端の14Bit A/Dコンバーターを内蔵し、サンプリング速度は122M/秒です。これにより6mバンドを含む56Mhzまでの受信が可能です。スペアナモードではHF帯域全体を俯瞰することができます。IQ信号の処理はXylinxの強力なFPGAによって、IO処理はArm Cortex M4Fで行ないます。PCとのデータ転送は100MB/秒以上の速度で行なわれます。

TCXOの採用による低い位相雑音により広いダイナミックレンジを確保しています。これにより、ノイジーな環境下でのかすかな信号も受信可能です。従来の製品より受信感度が15dB改善されています。第3次混変調積は-90dBc以上。アンテナ入力端子は2つあり、受信周波数に応じて自動で切替可能です。

優れた受信機能のほかに、2つの機能が本製品を他のSDR製品群との違いを際立たせています。PulsarsやCodarのように繰り返して現れる信号の受信のために調節可能な内部トリガを備えています。また、CATインタフェースも備えているため、ソフトウェアから制御可能でトラッキングレシーバーとしても動作可能です。

Cloud-IQは様々なSDRソフトに適合します。Windows用に'SpectraVue'、Android端末用に'SDRanywhere'が同梱されます。他に'SDR-Radio' (Windows), 'SDR#' (Windows), 'GNU-Radio' (Linux), 'GQRX' (Linux)などが利用可能です。電源電圧は5Vなので、USB端子から供給可能です。寸法は101 x 122 x 30mm、重量は約700gです。

  • 製品に含まれるもの
  • CloudIQ SDR レシーバー本体
  • USB ケーブル(電源用)
  • LANケーブル
  • SpectraVue ソフトウェア(CD)CD
  • SDRanywhere ソフトウェア(CD)
Order No.
CLOUDIQ Cloud-IQ SDR レシーバー 799.00 € Buy now
送料について
Download: RFspace Cloud-IQ データシート (PDF, 英語, 13MB)