送受信アンテナスイッチ

ここでご紹介するのは

以下のような商品もあります。

MFJ-1707: 送受信アンテナスイッチ

MFJ-1707 Automatic antenna switch
MFJ-1707

送信と受信でアンテナを別々にしたい時があります。例えば3.5M帯で、送信に効率のよいバーチカルアンテナ、受信に指向性があるビバレージアンテナを使うなどです。MFJ-1707送受信アンテナスイッチはこのような場合のための製品です。トランシーバーと送受信アンテナ、そして電源を接続するだけで完了です。内蔵されたRFセンサー(HF VOX)が受信から送信に直ちに切り替えます。HF VOXの代わりにPTTラインを用いることもできます。PTTリリースの後、一定の遅延時間(設定可能)の後、受信アンテナに切り替わります。これにより、受信プリアンプなどのような機器を送信電力から保護できます。他、接点があり、他の機器の保護・切り替えに用いることができます。MFJ-1707はすべての電波形式で用いることができます。最大電力は200W SSBです。DC12V電源が別途必要です。寸法は101 × 66 × 38mmです。

Order No.
MFJ-1707 送受信アンテナスイッチ 102.40 € Buy now New
送料について

TRSWITCH: 送受信アンテナスイッチ(160MHzまで使用可能)


TRSwitch

受信にSDRを用い、送信にトランシーバーを用いる。こんな時にアンテナスイッチが必要になります。送信時に素早く切り替えることが必要になります。

TRSWITCHはジャストフィットの製品です。アンテナ用、送信・受信用のコネクタを有します。切り替えはRF VOX(10mwから動作)かPTTラインを用います。

TRSWITCHは、さらに送受信に切り替えに連動するAFスイッチを内蔵しています。外部スピーカーを用いて受信機側をミュートし、代わりにSDR受信機の出力を鳴らすといったことが可能です(図参照)。

TRSWITCHはDCから160Mhzまでの周波数で動作します。挿入損失は160Mhzで最大0.3dBです。最大通過電力は100W。動作にはDC13.8V電源が必要です(消費電流200mA)。

  • 周波数帯域:DC~160Mhz
  • 最大通過電力: 100W
  • インピーダンス: 50Ω
  • 送受切替に必要なRF電力: <10mW (1.8MHz-30MHz)
  • 受信→送信切替時間: 20m秒未満
  • 送信→受信切替時間: 190m秒未満
  • 挿入損失: 0.3dB未満 @144MHz (平均0.2dB)
  • クロストーク: 38dB 以上@144MHz (40dB 平均)
  • 電源: DC13.8V、200mA

Order No.
TRSWITCH 108.00 € Buy now
送料について
Download: TRSWITCHマニュアル (PDF, 英語, 600KB)